企業看護師 求人 都市部

「都市部しか募集は見つからない?」企業看護師の求人を探す人の悩み

近年、企業看護師の需要は高くなっていて、一般企業へ転職する看護師も増えています。しかし病院勤務の看護師と比較すると、企業看護師の絶対求人数は少ないという現状です。例えば、ある企業が企業看護師の募集を出したところ、1名の採用枠に対して数十名が殺到したという例があります。まず、都市部であろうが地方・田舎であろうが、企業看護師になるのはそう簡単にいかないということをご承知おきください。

 

地方や田舎在住で企業看護師を目指している方々の悩みの一つに「地方で企業看護師を置いている会社は少ないでしょ?」「やはり都市部でないとダメかな?」というものがあります。これはある部分事実でしょう。地域によって違いはありますが、東京や大阪などの都市部に比べると地方企業の企業看護師に対する需要が低いことは否めません。

 

医療機関は、その数は別にしても、どんな地方・田舎でもあります。傾向として医療機関では看護師不足が言われていますので、病院への就職はさほど困難ではありません。しかし、企業看護師となると話しが違ってきます。もともとその求人数が少ないのですから、地方や田舎での需要を考えると、看護師として地方企業への就職はなかなか難しいかもしれません。

 

ただ、地方での求人が絶対ないとは言いきれません。地域の様々な情報を仕入れることが大切になってきますが、一つの方法として看護師専門の求人サイトを利用する手もあります。求人サイトにもよりますが、都市部での看護師の転職を得意としているサイトもあれば、日本全国対応で地域の情報に精通しているサイトもあります。地方に住んでいる方々はこういったサイトで情報を集めることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

未来への展望という部分でお話ししますが、時代の変化とともに企業における企業看護師の役割も変化しています。昔は健康診断と共に医療行為(緊急的な怪我や病気など)を行うことがメインでしたが、現在はメンタルヘルスケアや健康相談・健康予防などにウエイトを置いている企業がとても多いです。また、企業における企業看護師の必要性はこれからもどんどん高くなっていくと思われます。故に企業看護師を置こうとする企業は増え続け、その需要は都市部にとどまらず、地方へも浸透していくことでしょう。

 

現状で、お住まいの地域で企業看護師になれないとしても、逆に今は勉強のチャンスだと思い、ご自身のスキルアップをしていくことはできると思います。また、企業における産業保健活動に関心があれば、地域にある産業保健推進センターで研修会(無料)が行われていますので、産業保健活動の何たるかを勉強していくのもよいのではないでしょうか?

⇒トップページで公開中!

企業看護師の求人・募集情報を探す人のお悩み相談室