企業看護師の仕事と健診センターの仕事を比較

企業看護師の仕事と健診センターの仕事を比較

健診センターにおいて看護師の業務は、健診を受けに来られた方の補佐及び医師のサポートを行っていくことがメインとなります。緊急性が少ない職種ではあるものの、時期によってはかなり多忙を極める時があり、決して楽な仕事であるとは言えません。また、企業看護師においても健診センターの看護師と同じような業務を行うことがありますが、業務の内容自体は全く異なっている職種であるという事を覚えておきましょう。

 

企業看護師の場合、職員の健康管理、生活習慣病などの予防のアドバイスなどを行っていくことも業務の一環となります。大きくとらえれば健診センタ―に勤めている看護師と同じような仕事かもしれませんが、企業看護師の場合、一人ひとりのサポートを行うのはもちろんのこと、継続して観察を行っていくことになりますから健診センターのように健診を受ける間だけサポートをすることになるような簡単なものではありません。

 

どちらかと言えば、同じ看護師の資格を持っていても健診センターでの業務の方が難しいこともなくどちらかといえば簡単なものとされていますので、派遣といった形で勤務されている方も少なくありません。デスクワークが多い企業看護師の仕事と比較しても健診センターの場合はほとんどデスクワークもなく、パソコンが扱えるかどうかもあまり関係がないと言っても良いかもしれません。このように、一見似ているようで似ていないのが企業看護師と健診センタ−での業務です。

⇒トップページで公開中!

企業看護師の求人・募集情報を探す人のお悩み相談室