企業看護師の仕事と保育園ナースの仕事を比較

企業看護師の仕事と保育園ナースの仕事を比較

看護師が活躍しているのは、何も病院だけではありません。今は企業内の健康管理室等に勤務している看護師の方も非常に多いですし、保育園内でも看護師の方は活躍されています。

 

同じ看護師の資格を持っていても、働く場所が違ってくるだけで仕事の内容も変わってくるのは言うまでもありません。

 

企業看護師の場合、社員の健康管理をはじめとして検診のサポートや生活習慣病の予防についてのアドバイスなどを行っていくのが主な仕事となります。もちろん、勤務中に体調を崩された社員に適切な処置を施し、場合によっては医師のいる医療機関に連絡を入れるなど、その時の状況により多岐にわたって活動していきます。当然ながら、事務作業も多いですから机に向かってパソコンとにらめっこということも少なくありません。

 

保育園に勤務している看護師は、保育園児を相手にする事になるため大変多忙を極めると言っても過言ではありません。上手く説明ができない子供に変わって症状を瞬時に見極めて、適切な対応をしなくてはなりませんし、保育園児と混じって行事に参加したりすることもあります。

 

健康診断等を行ったり医師による診療の際のサポートをしたりといった仕事を行っていきますが、保育園には、多くの事が求められているため、知識が豊富であることが必須だと言えるでしょう。季節によりどのような病気になりやすいのか、予防方法などを保健だよりとして配布する作業を行っていくこともあります。

⇒トップページで公開中!

企業看護師の求人・募集情報を探す人のお悩み相談室