企業看護師の仕事と大学保健室勤務の仕事を比較

企業看護師の仕事と大学保健室の仕事を比較

企業看護師の仕事は、社員の健康診断をはじめとして医師がいる場合は医師の診療の補助を行ったり、健診を行った事で気をつけなくてはいけないことが出てきた社員に対してのフォロー、健康の相談や生活習慣病の予防など同じ企業で働いている社員の健康管理を行っていきます。一般的には健康管理室と呼ばれることが多いのが企業看護師ではありますが、業務はデスクワークも含まれてきますので多岐にわたると言えるでしょう。

 

逆に、大学の保険室勤務の看護師の仕事は、企業看護師の仕事とほとんど変わりがありません。唯一変わってくるのが、健康についての相談や困った事、具合が悪くなった時に来るのが学生になるという点ではないでしょうか。自分よりも年齢が下の者たちを相手にする事になりますので向いている方もいればそうではない方もいます。大人とは違って扱いづらい点がある場合も多いですから、そういった意味では精神的には大変な思いをされるかもしれません。

 

ただ、大学の保険室勤務の看護師でもけがや急病の処置、健康診断のサポートなどを行っていくことも業務の一環ですので、スキルと経験があるに越したことはありません。保健指導と言った点でも看護師の意見が求められることも非常に多く、様々な分野において知識を身に付けておいた方が業務がスムーズに進むと言えるでしょう。また保険室勤務は通常1名での業務となりますが企業看護師の場合、数名での業務遂行になりますので、それぞれに分担をしながらの業務となってきますし、連携を取り、協力をしながら業務を行っていきます。

⇒トップページで公開中!

企業看護師の求人・募集情報を探す人のお悩み相談室