企業看護師 ビジネスマナー

「ビジネスマナーについて」企業看護師の求人を探す人の悩み

時代の変化に伴い需要が高まっている企業看護師ですが、病院勤務の看護師が転職して企業看護師になるケースもかなり多いです。求人数は病院の看護師募集より少ないですが、企業看護師はとても人気のある職業です。

 

ごく普通の企業に勤めている女性から見ると病院はかなり特殊な勤務場所です。働いている看護師の方々はこんなことを考えたこともないかもしれませんが、病院と一般企業ではいろいろ違うのですよ。看護師の方も立派な社会人ですから、ビジネスマナー云々をことさら強調して言うつもりはありませんが、病院と企業では何が違うのかここからお話ししていきましょう。

 

嫌な言い方に聞こえるかもしれませんが、病院というのは「ある権威を持つ」ものなのです。一般人・患者から見れば、看護師も含めた医療職の方々は専門性に裏付けられた人たちで、自分たちよりも上のポジションにいる存在なのです。あなたはこのようなことを考えたことがあるでしょうか?みなさん看護師も患者さんに対して丁寧な対応は心がけていると思います。しかし、その根本には医療という専門性・権威が常に存在します。

 

「そんなことないでしょ?」と思われる方も多いとは思います。しかし、病院勤務の看護師はその専門性に支えられ、医療という権威である医療機関で働いているのは事実です。これに比べ、一般企業での看護師は、看護職という専門性を持っていたとしても、その立場は単なる一企業人・一社員なのですよ。さらに会社では、上司、社員、会社外からの来客などあなたの周りのすべてがビジネスマンなのです。失礼な言い方になるかもしれませんが、病院での同僚との対応などをそのまま持ち込むのは少々考えものです。

 

少し厳しいことを書きましたが、何もことさら恐縮してマナーなどで悩む必要はありませんからね。病院と企業、勤務する場所が変われば、自ずから変わる部分もあると思ってくださればいいだけのことですから。ただ、企業では当たり前のことですが、上司への対応・言葉遣いは慎重になること、また社員への応対でもちょっとして言葉遣いや態度には少し注意を払ってくださいね。

 

この記事を読んで不安になったという方はいないと思いますが、関心を持った方はビジネスマンのマナーについて少し勉強してみるのもいいかもしれませんね。最後に一言付け加えておきますが、企業看護師を目指している方は、看護職と言うより「私は一社会人としてビジネスマンになるのだ!」という心構えが何よりも大切になってきます。これはとても重要なことですから、しっかり頭に入れておいてくださればと思います。

⇒トップページで公開中!

企業看護師の求人・募集情報を探す人のお悩み相談室