企業看護師 安定

「病院看護師としての安定を捨てるべき?」企業看護師の求人を探す人の悩み

国立病院や市立病院、県立病院などに勤務する看護師は自動的に「公務員」となります。もしかしたら、公務員の立場の看護師よりも企業看護師になりたいとお考えの方もいるかもしれません。では、地方公務員であれ、国家公務員であれ、このような立場で勤務する看護師と一企業人として企業に勤務する看護師を一つの視点で見てみましょう。

 

公務員の立場で病院に勤務する看護師も、民間病院などで働く看護師も仕事内容はある程度同じです。しかし、公務員の立場で病院に勤務する看護師の最大の魅力は、給与を含めた諸々の安定性にあると言っても過言ではありません。ご承知のように時代はあっという間に変わっていきます。時代におけるニーズなども刻々と変化していきます。しかし、どんな時代にあっても安定した給与、安定した身分(当然ですがかなりの高待遇)の公務員は、働く者にとって大きな魅力なのですよね。看護師特有の悩みはいろいろであり、病院勤務は肉体的にも精神的にも大変なものがあります。しかし頑張って働いている看護師の方々はたくさんいます。

 

企業看護師は一企業人として企業に席を置く立場になります。企業は公的機関と違い、利潤追求がその本分となります。時代の変動に強い企業、弱い企業はあるのかもしれませんが、企業は常にアンテナを張って時代の変化にとても敏感です。そして、どんな時代にあっても利益を生み出すために最大かつ的確なことをしていくものです。公務員の安定性とはやや意味が異なりますが、企業利益が大きければ大きいほど務める社員の給与・待遇はどんどん良くなっていきます。企業看護師が身を任せるのはこのような「企業」なのですね。

 

身を置く場所が企業か公的機関かという部分で考えてみましたが、結局は、あなたの判断になるのです。少し無責任な言い方になりますが、公務員として勤務できる病院か一企業人として産業保健活動に従事する企業看護師を選択するのか、これは第三者からは何とも言えません。両方共にメリット・デメリットはあると思いまし、なかなか難しい問題ですね・・・。

 

ただ言えることは、産業保健活動に多大の関心がある方、看護業を土台としつつ、医療に類する業務以外で自身の能力を活かしたい方、健康面での指導・病気などの予防活動に関心があり、かつ企業に在籍したいとお考えの方は、迷わず企業看護師の道を選ぶべきだと思います。蛇足ですが、企業看護師の需要はとても高いものです。企業は、企業看護師の存在が会社の生産性に大きく関わってくることをよく認識しています。ただし求人においては、絶対求人数が病院の募集より少ないことは把握しておいてください。

⇒トップページで公開中!

企業看護師の求人・募集情報を探す人のお悩み相談室